適切な意思決定支援に関する指針
                                                       社会医療法人 雄俊会
                                         
当法人では人生の最終段階を迎える患者様・ご家族様等の意思を尊重し、その意思
決定を基本として皆様に寄り添った医療・ケアを提供したします。


【人生の最終段階とは】
  患者様の病状や治療内容などの状態を踏まえて、医師をはじめとする医療・ケアチ
  ームが判断することとなり、下記のような場合が考えられます。
 ・がん末期のように、予後が長くとも2〜3か月程度と予測される場合
 ・慢性疾患の急性増悪等を繰り返し、予後不良に陥った場合
 ・脳血管疾患の後遺症や老衰など、数か月から数年にかけて死を迎える場合


【人生の最終段階における医療・ケアについて】
1. 医師等の医療従事者から、病状や治療の現状と医療行為の選択肢、今後の
     予後などの適切な情報提供を行います。

2. 医療・ケアを受けるご本人及びそれを支えるご家族が、医師をはじめとする医
     療・ケアチームと十分話し合いを行えるようにします。
     
3. ご本人の意思を最優先とし、ご家族や医療・ケアチームが納得できる意思決定
     となることを目標とします。
     
4. ご本人の意思は時間の経過や病状により変化しうるものであることを踏まえ、そ
     の話し合いは必要に応じて行われるようにします。
     
5. 話し合いの内容はその都度記録し、医療・ケアチームが情報提供を行います。

6. 人生の最終段階における医療・ケアの開始・不開始、変更、中止等は、医
     療・ケアチームによって医学的妥当性と適切性を基に慎重に判断します。

7. ご本人の意思確認ができない場合は、以下の手順によってご本人にとっての最
     善の方針を決定します。
   家族等が本人の意思を推定できる場合は、その推定意思を尊重します。
   家族等が本人の意思を推定できない場合は、本人に代る者として家族等と
     十分に話し合います。
   家族等がいない場合および家族等が判断を医療・ケアチームに委ねる場合
     は、医療・ケアチームで十分に話し合います。

8. 話し合いの中で意見がまとまらな場合や合意が得られない場合は、複数の専
     門家からなる話し合いの場を設置し、方針について検討及び助言を行います。